店舗ミーティング|何を優先するか

お疲れさまです!ぐちこてんちょ〜です!

本日も少し出勤しましたが、退勤してから、初めてのホラー映画を映画館で観てきました。

まだお客さんの中に小声で映画中も喋ってる方がいらっしゃったので、気持ち安心してみることが出来ました。映画中で、あんなにも聞こえる声のありがたみは初体験でした。w ”アナベル”絶賛公開中です。シリーズ物ですが、前作見てなくても楽しめます。怖がれます。w 人形ってホラーの代名詞ですよね。まだ夏を感じてない方もぜひ!

さて、今回はぐちこ店の取り組みのお話です。

店舗で行うミーティングは、決して、会社からの指示で行なっていません。

完全、ぐちこがしたい事だから、スタッフさんに呼びかけて、行う習慣を作りました。

ミーティングの目的

ミーティング(次からMTと省略)は、毎月1回以上行う習慣をつけてます。

参加については、強制力は無く、自由参加。(平日1回と土日祝1回の朝どちらかに参加)

目的は、2つあります。

  1. 1つは、意見の共有です。店長が決めたやり方や次回キャンペーンの情報を共有するには、メールで済む話ですが、店舗は店長とスタッフさんで作り上げるものです。店長からの主観的な意見だけでは、実際に見えていない表面もあります。スタッフさんから見て、こんなやり方、もっとこうした方がいい、と言った意見は、ものすごく重要です。その結果、スムーズに営業が進むことも。ただ、アルバイトさんはシフトがメインで、意見をいうためにバイトに来ていません。なので、大人数が集まって、各々の考えを聞くことが出来る時間と空間を作ることが大切です。
  2. 次に、バイト経験をただのバイト経験にしないことです。お金を稼ぐために時給の高いお店や、家から近いと言った理由でバイト探しをして出勤するのはなんら問題ありません。ただぐちこのわがままと言われるかもしれませんが、バイト経験で培うもの・スキルを磨くことをスタッフさんに得てもらいたいと考えています。 飲食店であれば、接客やスタッフさんとのお仕事で、コミュニケーションの大事さ・気を配って動くことだったり、お客様への心配り(ホスピタリティ)を学んでいただけたらと思っています。

お店にとって、売上を上げることが目的、が普通の答えかもしれませんが、

採用したスタッフさんにこういつも伝えている事があります。それは、

”売上なんてどうだっていい、やって欲しいことは、お客様のファンを作ること。いらっしゃいませ、だとか普通の言葉だけど、接客を楽しんで、お客様にも笑顔になっていただいて、特に帰り際にありがとうございました!って元気に言ったら、またあの子(スタッフさん)いるかなって、印象を残して欲しい。”と。

スタッフさんもぐちこ自身も楽しく働くことが1番のゴールと考えています。

MTで話すこと

議題は3つです。

  1. 先月の売上状況と前回のMTで決めたことの振り返り(フィードバック)がまず1つです。先のことばかりを見つめていても、ただ決めゴトを増やすだけで、いいお店にはなりません。そこで、先月に感じたことを自分なりにも伝えることで、スタッフさんからの考えも聞きやすくします。
  2. 次に、現在のキャンペーンと売上状況の確認です。意外と、スタッフさんは自分の働いているお店が、売上どうなっているのか気になる方もいらっしゃいます。 店長だけが、お店のことを考えているわけではありません。
  3. 最後に、次月以降の確認と企画です。あくまで目的は、楽しく働くことです。スタッフさんみんなから、現状や次の事業の改善点ややってみたいことを募って、独自の手法をあみ出します。また、スタッフさんの慰労会や、ご飯会も企画できたら最高ですよね。コミュニケーションの取りやすい仲だと、お店で働きやすくなります。

MTのみんなが集まる空間を作ることで、普段思ってても忘れてしまったり、これどうかなって考えていることを、話していただく機会を提供できます。

でも、みんな集まるの?

そもそも、自由参加なら、集まるの?と疑問が出ることでしょう。

ぐちこが店長就任時は、誰も来ないことも経験済みです。なんて悲しかったか。。。。

やはり、普段からの、店長の頑張りが必要と感じます。

メールやシフトがかぶった時に呼びかけたり、どう思う?とスタッフさんの考えやアイデアを聞く努力です。もちろん、通常業務もサボったりしてたら、それはスタッフさんもみています。仕事をしていない店長の行うMTなんて参加しようとは思わないはずです。

MTに参加していただくことで、お店を良くしたい、スタッフさんの意見を求めていることが伝わったら、参加率も増えてきます。だんだんと、MTが当然のように、”次いつですか?”と聞かれるようになります。

業務上でいうと、次の商品の発注で店長が困ってたら、スタッフさんの方が商品の需要に詳しいかもしれません。店長の頭だけじゃ、視点は狭くて、店長1人で仕事をしているようなものです。

なんども言うように、

お店は店長とスタッフさん(もちろんお客様も)で作り上げるものです。

集まってくださったスタッフさん、働いてくださるスタッフさんに、感謝を忘れないようにしたいですね。

まとめ

いいお店作りに、できることの一つとして、ミーティングをあげました。

スタッフさんと同じゴールができること、楽しく働くことが叶ったら、MTを開いた甲斐があります。

MTを習慣化したら、スタッフさんが家族に感じてくるでしょう。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

次回は、店長の悩み第2回!お金に関してです。店長さんのお給料気になりますよね?

リアルな現役店長のお財布事情お伝えします。

ほな Seize the day!(今を生きよう!)