お釣りを渡す時に手が触れる・握る!?|違和感とレジ接客のPOINT

お疲れさまです!ぐちこてんちょ〜です!

ぐちこが良く行かせていただいてる牛丼屋さんでは、お金をお客が店員に渡すのでは無く、電車の切符を買う時のように機械にお金を入れて、お釣りまで機械から出てくる、なんて店舗があります。どんどんAIに侵食されてる気もしますが、、、、

皆さんは、タイトルに書かせていただいた、

”お釣りを渡されるとき、手を握るようにお金を渡された経験ありますか?”

ぐちこは、あります。

この、手を握るようにお釣りを返す行為、店舗によってはマニュアルにされてるのかもしれませんが、いやおかしいけど💭(手を添えるように、なら、綺麗に見える)

ぐちこの感想は、いい気はしませんね。

握手🤝なら、握手会行ってください!と思っちゃいます(笑)😚

私(お客)CD出してませんよ〜〜〜〜、、、、、、茶番はさておき、

前回の記事でも少し書きましたが、行動によって生じる人の感想は、人それぞれ。

もし、手を握ってお金を渡されたけど、すごいベッピンさんやすごく爽やかなイケメンが店員だったら、逆に手を握り返しちゃう、なんて方もいらっしゃるかもしれません。

今回は、レジお会計における、接客のポイントを探ってみましょう。

お釣りの渡し方に対する違和感(片手のみ)

冒頭で書いた、お釣りをいただく時に店員さんが手を握るようにお金を渡す行動は、客観的に視たらNG行動だと思われます。(セクハラに近い)

ですが、お釣りを片手で渡された(もう片手は添えない)、皆さんはどう感じますか?

ーーーーーーーーー

失礼だな、と感じる方が多いと思います。

でも、機械がこの会計の一連の動作をまかなっているとしたら、別に機械に対して、失礼だな、なんて思わないです。

人間が対応するだけで、マナーが悪い・突き出された感じがする、と、お店に対するイメージさえ『感じ悪いお店』になってしまいます。

お客様によっては、クレームへとつながるケースもおかしくありません。

レジに置いても、マニュアル(丁寧な接客)が求められています。

接客はレジでも大事

”接客”と聞くと、飲食店なら、お客様が店員に対して注文をいい、商品を受け取る流れまでの店員の行動を示していますが(お出迎えまで大事)、

会計時の接客は、ただお金を支払うだけで、特別重要視されてないかもしれません。

ですが、ぐちこはレジでのお会計、すごく気にしてお仕事します。

 

最近(2019年10月)では支払い時の基本の作業は、まずポイントカード(アプリ)を聞いて、支払いの手段(現金・クレジット・電子マネー・スマホ決済)を聞いて、と、

会計時にかける手間は物凄くかかり、お客様との接客の時間が長くなりました。

もちろん、”いらっしゃいませ”の最初の声や、注文時の印象も大切ですが、レジで気にするポイントは、4つあります。

レジでの接客のポイント4つ

 

  1. 確認はお客様と→お金を出された時・お釣りを渡す時に、自分だけでなく、お客様と一緒に、お金を見て確認します。”10,000円お預かりします”と言いながら、現金に対して、お客様も気にかけていただいて、お釣りを渡すときも、”5,6,7千円、と。お客様と一緒に確認をすることで、安心感を抱かせることができます。また、お金の数え間違いの防止も出来、店舗にとっても是非店員さんにはしていただきたい接客です。お釣りを渡す時は、手を添えるぐらいで、手を握ったら、渡し忘れは完全になくなりそうですが、お客様に。。。。と印象を残しかねないので、さすがにスタッフさんがやってたら、指導ものです。💦
  2. お客様の目を見て、お会計する→”レジ誤差を出しては店長にダメなイメージをつけちゃう”、とレジスターに向かって一生懸命作業する店員さんもいますが、ここで対応しているのは、レジでは無く、あくまでお客様です。注文時まで良い接客だったのに、急に会計で、目を見ずに、接客をしたら残念です。
  3. 再来店を促す→商品をご購入されて、上機嫌で終了。と、お客様に良いお店とレッテルを貼れただけでは、もう一つです。”また次回も待ってますよ”とお客様に伝えるために、次回のキャンペーンの紹介や簡単な小さいチラシをお釣りと一緒に手渡しして説明を加えると、親切だとイメージを付け加えることが可能です。
  4. マニュアルは忘れる!(その一瞬を楽しむ)→お客様との接客は一期一会、あらゆるストーリーが待ってます。もし、お財布が見付からずお客様が焦ってカバンを開け閉めしていて、挙げ句の果て、旦那さんが持ってたのを忘れていて、見つかった時は、お客様と一緒になって、”よかった〜〜〜〜!”と共感する。親身になって接客をすることで、フレンドリーだと好印象をいただけます

初めてアルバイトをされる方にとって、レジを任されるのは、ほんとう緊張することだと思います。

ぐちこも、初めてのレジは、金額を間違えないようにと、慌てながらレジを叩いていたのを覚えています。💭

お仕事に慣れてくると、単調な作業だと考え、なーなーにしてしまう店員さんもいらっしゃいますが、ただのお金を稼ぐ手段だけと考えず、お客様との出会いを楽しめるような方を多く取りたいですね。

まとめ

お釣りの渡し方が素晴らしい店員さん、皆さんの行きつけのお店にはいらっしゃいますか?

もしかしたら、手を握られて、”惚れるやん❤️”なんて最高の思い出もあるかもしれませんね。😚

節度を保って、でも、接客を店員さん自身も楽しむ、そんな細かいマニュアルが欲しいです。

万人うけする接客はほぼ0ですが、レジでのお会計も、大事な接客業の1つだと思っていただけたら幸いです。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

次回は、店長が思うアルバイトさんの行動のNG例です。

バイトテロがSNSで騒がられるようになってきましたが、店内でのNG例をご紹介します。

 

ほな Seize the day!(今を生きよう!)