店長のお仕事❶|てんちょ〜っていつも何してるの??

お疲れさまです!ぐちこてんちょ〜です!

みなさん、学生時代、現在、アルバイトの経験はお持ちでしょうか。

かく言う、ぐちこは、学生時代、

中学は新聞配達(普通の実家暮らしですよ)

高校はマクドナルド、中華ラーメン屋、

大学では、ホテル(派遣・ウェイター)、マッサージ(ガチモン)、そして

リゾートバイト(でっかい鉄板の上で焼きそば焼くw)に、

現在、店長として務めさせていただいている、今の会社のアルバイト。

実際、バイトとして働いているときに、店長さんと一緒にシフトかぶったり、

お店に行くと店長が毎日いるとき、

”てんちょ〜、何してるんだろう?”て考えたことありませんか?

飲食業なら、スタッフさんと同じ接客業務もします。

ぐちこのリアルな気持ちで書きますので、案外、楽と感じるかもしれません。

 

店長ってお店にそもそも必要?

お店のオーナーさんがいて、スタッフさんさえいらっしゃれば、

お店まわるとは思います。オーナー=店長の場合。

他にも、みなさんの地域でも、売上が他店に比べて低いお店ほど、

形としては社員さんがいるけど、店長不在のお店って聞いたことあるかもしれません。

スタッフさんが発注業務や、シフト管理まで行う事は、全然可能な会社もあります。

ただ、個人的な意見を言えば、必要です。

ぐちこは、オーナーさんに任させていただいて成り立つ店長=雇われ店長です。

会社としてお店の店舗数が増えたら、聖徳太子でもない限り、

お店全てのトラブルや店舗独自の工夫、しかも

定休日が無いとするなら、オーナーさん❶人では補えません。

スタッフさんがいるじゃん?と思われるでしょうが、

お店で起きた問題の責任を、スタッフさんのお仕事にするには荷が重いです。

クレーム対応をどんな時でも受けてすぐお店にかけつける事は容易ではありません。

お客様がご納得される謝罪、ご提案、その時々の駆け引きの仕事です。

仕事内容=管理

基本となるお仕事は、お金・商品・人材(スタッフさん)の3つの管理です。

  1. お金  商品を売る時は、モノの元値に、儲けとなる金額と消費税を加えた価格で商品を販売します。儲けとなる金額が売上となりますが、この利益はそのまま純利益と片付けてはいけません。お店が成り立つには、お店の家賃、光熱費、もちろん忘れてはいけないアルバイトさんのお給料を支払う必要があります。(まだまだあります。)お店でどんな工夫をこなすと利益が残るのか、考える必要があります。(大事な事ですが、雇われ店長はそこまでの大きな責任はあまりありません。)
  2. 商品  商品をお店に発注するために、次の1週間であれば、どれぐらいの商品をお店に置いておくといいのか、在庫の確認に発注は、お店にとっての大事な業務です。
  3. 人材  ここが❶番の肝です。以前の記事でも述べましたが、お店のスタッフさんがいなければ大概のお店は潰れます。スタッフさんにはいつも感謝の気持ちを持って接する事を大事にしています。シフト管理やアルバイトさん指導、自店に長く働いていただくために、働きやすい環境作り、いつもスタッフさんのことで頭いっぱいです。(いい意味でw)

他にも、店外のゴミ拾い、ペストコントロール(草むしり)、入金両替、

忘れてはいけないのが、

会社でのミーティング、お店の外にもお仕事はあります。

まとめ

店長さんのお仕事は、基本、考えることが多いです。

ぐちこが❶番気にしているのは、コミュニケーションです。常連のお客様ともそうですが、

面接でぐちこ自身が採用したとしても、スタッフさんが働いてくださる環境作りはずっと課題です。

まだまだ未熟な店長なので、いつも迷惑かけてばっかりです。

でも、やりがいがあるので続けられるお仕事なんです。

次回は、スタッフさんの面接時に、気にしているポイントです。

アルバイトをこれからやろうと考えている方は参考にどうぞ。

 

本日もここまで読んでいただき、ありがとうございました!

ほな Seize the day!(今を生きよう!)

ブログ書いてたらワクワク止まんないです。

明日も頑張りましょう!!